全日本大会競技ルール

  トゥル(型)

個人
 対戦選手2名同時に行われる。
 1回戦から決勝まで、選手が選択するトゥル(自由)と主審が選択する(指定)の2種類で競われる。・1段の部:自由(クワンゲ~ケベク) 指定(チョンジ~ケベク)
 ・2段の部:自由(ウィアム~チュチェ)指定(チョンジ~チュチェ)
 ・3段の部:自由(サミル~チェヨン) 指定(チョンジ~チェヨン)
 ・4段の部:自由(ヨンゲ~ムンム)  指定(チョンジ~ムンム)
団体
 選手5人で競技を行う。
 1回戦から決勝まで自由、指定の2種類で競われる。(チョンジ~ケベク)
 自由では2段以上のトゥルも選択可。※5人全員がその段位を有していること。
 両チームはまず自由のトゥルをそれぞれ行い、続いて指定のトゥルを行う。
 ※団体競技でのバリエーションの導入は不可
判定について
 ●5名の審判員が判定を行い、3本以上旗が上がった方を勝者とする。
 ●採点基準は主に、正確性、パワー、バランス、呼吸、リズムの5つである。
 ●団体競技では上記5つに、チームワークとテクニカルコンテンツの2つが加えられる。

 マッソギ(組手)

個人
 1回戦から決勝まで2分2R、延長1分1R
団体
 選手5人で競技を行う。(エントリーは補欠を含めて6人まで可)
 試合時間はすべて2分1Rで行い、延長は行わない。
 5人全員の競技を終えて勝負がつかない場合、両チームの代表者が競技を行い勝敗を決める。
判定について
 ●4名の副審がそれぞれのポイントの集計を行い、旗によって判定を行う。
 ●2本以上の旗が上がった方を勝者とする。ただし、2-2、1-1、1-0、0-0の場合は引き分けとなる。
 ●延長戦および代表戦(団体)での判定が引き分けの場合、主審判定により優勢に試合運びをしている方を勝者とする。

ポイント説明

【1POINT 】
1点ヨプチャギ新
中段への蹴りによる攻撃
1点新
中段、上段へのパンチによる攻撃
【 2POINT 】
2点チャギ新
上段への蹴りによる攻撃
2点新
上段への跳んでパンチによる攻撃など
【 3POINT 】
【 4POINT 】
3点新
跳んで中段への180度回転しての攻撃など
4点新
跳んで中段への360度回転しての攻撃など
【 5POINT 】
【 NO POINT 】
5点新
跳んで上段への360度回転しての攻撃など
ノーポイント新
防御された場合など
 注意・減点・失格
【 注意 】
 ●下段への攻撃(1)、背面への攻撃(2)、金的などの急所への攻撃
 ●フック、アッパーなどストレート以外の突き(3)、3連打以上の突き、引きのない突き
 ●掴み(4)、組み付き(5)、頭突き、プッシング、投げ、倒すなどの行為
 ●裏券(6)、膝(7)肘、貫手などを使った攻撃
 ●場外に出た場合、転倒した場合
【 減点 】
 ●注意を3回受けた場合
 ●顔面強打など注意すべき行為が度を超えて主審よりイエローカードを受けた場合
【失格】
 ●危険な行為などで主審よりレッドカードを受けた場合
反則下段げり新

 (1)下段への蹴り
反則背面の蹴り新

 (2)背面への攻撃
反則フック新

 (3)フック

 (4)掴み

 (5)組み付き
反則バックブロー新

 (6)裏券による攻撃
 (7)膝による攻撃

©2017 全日本テコンドー選手権大会 オフィシャルWEBサイト ALL JAPAN TKD All rights reserved.